本文へスキップ

医療に関するご相談は医療コーディネータージャパンへ

contact

ホーム医療コーディネーター活動日記 > 2023年3月

医療コーディネーターの活動日記privacy policy

医療コーディネータージャパン代表の堀エリカやスタッフが、堀の日々の活動や取り組みを中心に当社の最新情報をお届けします。

生活習慣の変化をテーマに  2023年3月31日

先日、新型コロナウイルス感染症の流行に伴う生活習慣の変化をテーマに、講演会でお話をさせてもらいました。

2020年1月に国内で初めて感染者が確認されてから3年が過ぎた新型コロナウイルス感染症。3/13にルールが緩和されたマスクの着用はじめ、私たちのライフスタイルに大きな変化をもたらしました。

その一つに健康診断や検診などの「受診控え」が挙げられます。昨年6月に厚生労働省が発表した特定健康診査、いわゆるメタボ健診に関する調査によると、2020年度の受診者数は約2,890万人と対象者約5,420万人の53.4%、新型コロナウイルス感染症が感染拡大する前の2019年度より2.2%低下しました。

また、公益財団法人日本対がん協会が昨年4月に公表したがん検診の受診者数に関する調査結果によると、2021年の受診者数は約537万人と2020年の約435万人より約102万人増加したものの、コロナ禍前の2019年の約599万人よりも、10.3%低い状況に……。

健診や検診の受診控えは、生活習慣病のリスクを見逃してしまったり、本来は早期発見のうえ治療できたがんが進行してしまうなど、私たちの健康に大きな影響を及ぼす可能性があるため、定期的に受けることが望まれます。

講演会では、そのような健診や検診に加え、座っている時間が長くなり不足しがちとなった身体活動など、コロナ禍で変化したライフスタイルの中で改善したいもの、また実際の改善方法を取り上げ、講話をさせてもらいました。

新型コロナウイルス感染症と向かい合わざるを得ない状況がまだ続きますが、生活習慣を再確認したり改善して、健やかな日々を送りたいものです。


(当日使用したスライドより)

堀 エリカ
アーカイブ

2024年3月
2024年2月
2024年1月
2023年12月
2023年11月
2023年10月
2023年9月
2023年8月
2023年7月
2023年6月
2023年5月
2023年4月
2023年3月
2023年2月
2023年1月
2022年12月
2022年11月
2022年10月
2022年8月
2022年7月
2022年6月
2022年5月
2022年4月
2022年3月
2022年2月
2022年1月
2021年12月
2021年11月
2021年10月
2021年8月
2021年7月
2021年6月
2021年5月
2021年4月
2021年3月
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月